意外と楽!布ナプキンを洗濯しよう

布ナプキンは使い捨てではなく、洗濯をする必要があります。布ナプキンが肌に優しいことは知っていても、自分で洗濯することを考えると「汚れ落ちが不安」「チャレンジできない」という方も多いでしょう。実は布ナプキンの洗濯は意外と簡単で、慣れると楽という方も多いです。

布ナプキンを洗ってみよう

布ナプキンを洗ってみよう

「使い終わった布ナプキンはどうしたらいいの?」これが一番の疑問ではないでしょうか。答えは「浸け置きする」です。そのためには、

  • 不透明な蓋つきの容器(小さめのバケツなど)
  • アルカリ性洗剤(セスキ炭酸ソーダや炭酸ソーダ)

を用意し、浸け置き液を作ります。これさえ準備できていれば、使用後の布ナプキンの保管と浸け置き洗いが可能となり、汚れもグンと落ちやすくなります。また、浸け置き液はバケツ1杯につきアルカリ性洗剤小さじ1が目安で、浸け置く前に軽く布ナプキンを水ですすぐことをおすすめします。

浸け置く時間は、約半日から1日ほど、汚れが酷い場合は少し時間を長く置きましょう。浸け置き液が汚れると色移りの可能性があるため、液をこまめに取り換えることも大切です。浸け置きが終わったら、さっと水ですすいで洗濯機で洗うだけです。

浸け置きで本当に落ちるの?おすすめの洗剤

浸け置きで本当に落ちるの?おすすめの洗剤

血液の汚れは頑固で落ちにくいというイメージがありますが、使用する洗剤を選ぶことで汚れも落ちやすくなります。一般的に、血の汚れにはアルカリ洗剤が適していて、特にセスキ炭酸ソーダのようなアルカリ剤を溶かした液だと血液が落ちやすいです。

ただし、血の主成分はタンパク質で、お湯では落ちにくいのが特徴ですので、できるだけ水で洗うようにしましょう。お肌に優しい布ナプキンには、キツイ洗剤ではなく、経血に効果的なアルカリ洗剤を選べば、ほとんどの汚れは解消できます。

布ナプキンで生理への意識が変わる!

布ナプキンを利用し、ご自身で洗濯をした方からこんな意見があります。

  • 浸け置く作業が増えただけなので、思った以上に楽だった。
  • これまで感じていた「生理は不潔なもの」というイメージが完全になくなった。
  • 自分で洗濯をすることで、生理や体のことに向き合いケアする時間が増えた。

使い捨てのときは厄介者のような扱いでしたが、布ナプキンをきっかけに“女性としての自分”に向き合うようになったという方も多いです。いつまでもイキイキと美しさを保つためにも、生理と向き合うことはとても大切です。

布ナプキンは洗濯が面倒と思われがちですが、慣れてしまえば簡単で、ご自身と向き合うきっかけにもなります。洗濯の手間よりもメリットが多いため、お肌の弱い人や女性の健康を意識する人には特におすすめです。女性のあたためLABO SUZUJUKUでは、女性用ライナーと併せて、天然成分・無添加の洗濯用洗剤「Bamboo Clear(竹洗剤)」を販売しております。

赤ちゃんの布おむつや普段使いの布ライナーにも安心して利用できる、界面活性剤・漂白剤・柔軟剤・香料不使用の洗剤で、天然竹炭のミネラルによってふっくらやわらかに仕上がります。商品についてのお問い合わせをお待ちしております。

布ナプキンを洗うのにおすすめの洗剤ならBamboo Clear

サイト名 女性のあたためLABO SUZUJUK
URL https://shop.suzujuku.com/
販売責任者 鈴川純子(スズカワジュンコ)
住所 〒755-0151 山口県宇部市大字西岐波233-2
電話番号 08063208656
メールアドレス shop@suzujuku.com
ショッピングカート
お店からのお知らせ

☆ショップオープンしました☆

迅速丁寧をモットーに、積極的に活動中です!! 感謝の気持ちを込めて、丁寧に対応いたします。♪

Copyright ©女性のあたためLABO SUZUJUKU通販サイト All Rights Reserved.