女性は特に大切!玄米カイロで身体を優しく温める

冷えは女性の大敵です。靴下を何枚履いても、衣服をしっかりと着込んでも、指先が冷えていることはありませんか?

寒さから体の表面をガードすることは大切ですが、内側の冷え対策はどうでしょうか。全身を効率良く温める方法で、玄米カイロが人気です。

子宮を温める必要性&方法とは

子宮を温める必要性&方法とは

すべての女性に温めてほしい場所として、子宮が挙げられます。そもそも、女性は男性に比べて筋肉量が少なく脂肪が多いため、熱を作り出しにくいという特徴があります。そのため、一度冷えてしまうと温まりにくい性質です。

子宮が冷えていると、生理のときの経血がキレイに排出されず、一部子宮に残ってしまい、子宮内膜症や不妊などの原因になってしまうことがあります。万が一のトラブルを防いで元気な子宮をつくるためにも、しっかり温めて、血行を整えましょう。妊活中の女性には特におすすめです。

子宮を温めると、

  • ホルモンバランスが整う
  • 生理痛が緩和される
  • 自律神経が整う
  • 便秘の解消
  • ダイエットにもつながりやすい、などのメリットもあります。

女性ホルモンや自律神経が整い、女性の美しさや健康維持にも役立ちます。また、日常生活で子宮を温める方法として、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動、湯船につかる、腹巻で腰とお尻を守る、下半身のマッサージなどがあります。

その中でも、手軽にできておすすめなのが、「玄米カイロ」です。玄米カイロはふんわりと温かく、熱くなりすぎることもないため、低温やけどの心配もありません。

子宮を温めるために玄米カイロを使うには

子宮を温めるために玄米カイロを使うには

子宮を効率よく温めるのに用いられる玄米カイロですが、具体的にどの部位を温めると良いのでしょうか?使い方を簡単にご紹介いたします。

お腹や腰を温める

電子レンジで温めた玄米カイロを、そっとお腹の上や腰にあてます。

仙骨を温める

お尻の割れ目あたりにある逆三角の骨が仙骨で、下半身の基点となる重要な場所です。神経や血管が集まっているため、お腹を温めるよりも効率よく子宮を温めることが可能です。特に、妊活中の方におすすめです。

おまたを温める

温度が落ち着いた玄米カイロを、そのままおまたに挟む方法です。少し長めのサイズを用意して、仙骨あたりも一緒に温めるとベストです。玄米カイロを上手く使って、子宮を冷えから守りましょう。

下半身をじっくり温めると、体の芯からぽかぽかするため、美や健康に敏感な女性にとって嬉しい状態です。ネットで玄米カイロをお探しでしたら、女性のあたためLABO SUZUJUKUをご利用ください。職人さんが1つずつ丁寧に手作りしたオリジナル商品で、山口県産の玄米を100%使用しています。

繰り返し使えるエコな温熱カイロですので、お求めの方はご購入ください。

清潔な状態で何度も使える玄米カイロをお探しなら

サイト名 女性のあたためLABO SUZUJUK
URL https://shop.suzujuku.com/
販売責任者 鈴川純子(スズカワジュンコ)
住所 〒755-0151 山口県宇部市大字西岐波233-2
電話番号 08063208656
メールアドレス shop@suzujuku.com
ショッピングカート
お店からのお知らせ

☆ショップオープンしました☆

迅速丁寧をモットーに、積極的に活動中です!! 感謝の気持ちを込めて、丁寧に対応いたします。♪

Copyright ©女性のあたためLABO SUZUJUKU通販サイト All Rights Reserved.