生理中のかゆみとかぶれの悩みを解消!

生理ナプキンによるムレやごわつき、かゆみなどを「仕方がないことだ」と諦めていませんか?

デリケートゾーンのトラブルに悩む女性は多く、生理中はただでさえブルーなのに、ムレやかゆみが不快感を倍増させる…なんてこともあります。生理中も快適に過ごすためには、いくつかのヒントがあります。

生理中にデリケートゾーンがかゆくなる理由

生理中にデリケートゾーンがかゆくなる理由

生理になると、女性はナプキンを装着します。その大きさと形状は経血の量にもよりますが、大抵はムレやすく、ごわつきやすいものです。昔と比べると生理用品の品質は向上しましたが、完全にストレスフリーとまでは言えません。

多くの場合、生理中はデリケートゾーンがムレやすく、ナプキンに残った経血が肌を刺激し、かゆみを発生させます。また、ナプキンの繊維が動くたびに摩擦を起こし、皮膚がこすれることでかゆみが増してしまいます。ナプキンは生理期間中に欠かせない存在ですが、そのナプキンが原因で、デリケートゾーンにトラブルを起こしてしまうのです。

肌に優しいナプキン選び

肌に優しいナプキン選び

生理中のナプキンによる不快感を解消するには、「素材」選びが大切です。生理中は特に肌が敏感になるため、天然素材の布ナプキンやオーガニックコットンを利用したサニタリーパッドがおすすめです。

というのも、市販の紙ナプキンは、高分子ポリマーという石油製品を使用しているため、長時間利用すると肌がかぶれることもあります。その点、天然素材の布ナプキンは、肌あたりも良く、石油製品や化学物質が触れる心配もありません。布ナプキンは使い捨てではないため洗う必要がありますが、その分繰り返し使えてエコです。

「ナプキンはどれも一緒」「使い捨てが当たり前」と考えている方も、デリケートゾーンにトラブルを感じたら、布ナプキンを始めてみませんか?

生理中に心がけること

生理中に起こりやすいデリケートゾーンのかゆみやかぶれを防ぐポイントは、

  • 肌に優しいナプキン選び
  • ナプキンはこまめに取り替える
  • シャワーで清潔な状態を保つ

などの3つのポイントを守りましょう。いつも使っているナプキンだから大丈夫、というわけではなく、製品のリニューアルや生産国の変更などによって、肌に合わなくなるケースもあります。ご自身の体調変化でかぶれるケースもあるため、少しでも違和感がある場合は利用をやめ、肌に優しいものに変更しましょう。

生理中にナプキンは大切なパートナーですが、それが原因で肌がかぶれたり、イライラと不快感が増したりすることがあります。生理中でも健やかに過ごすためには、ご自身に合うできるだけ優しい素材のナプキンを選び、こまめなケアを心がけましょう。

女性のあたためLABO SUZUJUKUでは、生理中のデリケートゾーンのかぶれ・かゆみにはもちろん、おりものが気になる女性向けの商品をご用意しております。下着と同じように洗濯もできますので、この機会にご利用ください。

相談しにくいデリケートゾーンのかゆみ・かぶれの対策に

サイト名 女性のあたためLABO SUZUJUK
URL https://shop.suzujuku.com/
販売責任者 鈴川純子(スズカワジュンコ)
住所 〒755-0151 山口県宇部市大字西岐波233-2
電話番号 08063208656
メールアドレス shop@suzujuku.com
ショッピングカート
お店からのお知らせ

☆ショップオープンしました☆

迅速丁寧をモットーに、積極的に活動中です!! 感謝の気持ちを込めて、丁寧に対応いたします。♪

Copyright ©女性のあたためLABO SUZUJUKU通販サイト All Rights Reserved.